公益財団法人 星総合病院 放射線科

 
星総合病院 トップ 放射線科 トップ 放射線科 理念 研究報告 画像カンファランス 
各装置紹介・検査概要

【検査説明】

 体外衝撃波結石破砕治療(ESWL:Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy)とは、体外で発生させた衝撃波を結石にあて、砕いて、体の外に流しだす治療法です。多少身体に負担はありますが、良好な治療効果が期待できます。また、衝撃波の照準を結石に合わせるために、放射線を用いています。 1回の治療で結石がなくなる場合もあれば、数回必要となる場合もあります。当院では、主に尿路結石や腎結石に対し治療を行っています。

【特徴】
1.外科的手術を行うことなく、結石を体外に出すことができます。
2.入院の必要はなく、外来治療が可能で、すぐに日常生活・職場への復帰が可能です。
3.前処置として、治療前に痛み止めの坐薬をして頂きます。また、治療開始の3時間前からは、絶飲食となります。
4.治療時間は1時間程度です。
5.治療後、血尿、皮膚の発赤や腫脹、発熱等の症状が現れることがあります。


【装置説明】

 体外衝撃波結石破砕治療には、ドルニエ社製のDeltaUを導入しております。本装置は、2013年10月に運用を開始した、ドルニエの最新機種です。


    ドルニエ Delta U

一般撮影検査
マンモグラフィ
マンモトーム
骨密度測定(DEXA)
歯科用X線撮影
CT検査
MRI検査
核医学検査
超音波検査
X線血管撮影検査
X線透視検査
体外衝撃波結石破砕装置
検像・医療情報通信系
放射線技師を
目指す学生さんへ

(PDF)