公益財団法人 星総合病院 放射線科

 
星総合病院 トップ 放射線科 トップ 放射線科 理念 研究報告  画像カンファランス
各装置紹介・検査概要

【検査説明】
 MRI検査はX線を使用せず、強い磁場と電波を使用し体内の状態を断面像として描写する検査です。体内の様子をさまざまな角度からの断層画像として表し、病巣を発見することができます。CT検査では骨などの硬い組織を検査対象としていましたが、MRI検査では逆に筋肉や脂肪などの柔らかい組織を対象としています。特に脳梗塞、卵巣・前立腺等の下腹部の病巣診断、脊髄、四肢、関節軟骨、椎間板ヘルニア、乳癌の診断、肝臓癌の種別診断、胆道・膵管のスクリーニング検査(MRCP)、眼窩や眼球内部の腫瘍診断、脳神経の走行等に関して、圧倒的な検査能力を持っています。MRI検査はX線を使用していないので、被曝の心配はありません。しかし、とても強い磁場の中で検査を行うため、金属に関する細心の注意が必要です。心臓ペースメーカーや脳磁性体クリップ、人工内耳などを身につけている方は検査が行えません。検査時間は撮影部位によって異なりますが、30分から1時間程度です。
 
 MRIの長所として、水や脂肪等の微妙なコントラストを強く出すことができます。さらに、血管内の血液は絶えず流れているため、そこからの信号が出にくいという性質を利用して、身体の部位によっては造影剤を使わずに、血管の画像(MRAngiography)を提供できるという利点もあります。


※検査時の注意事項

  • 安全のため全員検査着に着替えて頂きます。
  • 検査中に木槌で木を叩く様な連続音がしますが心配ありません。
  • 体内に金属がある方(心臓ペースメーカーや脳磁性体クリップ、人工内耳などを身につけている方は材質により、検査が行えません。医師との相談が必要となります。
  • 極度の閉所恐怖症・狭い所が苦手な方、長時間(30分位)じっとしていられない方は検査ができないことがあります。
  • 刺青があると変色及びやけどする場合がありますので、検査を行えません。
  • アイシャドウや鉄分を含む化粧品などは、材質により発熱する場合があるので落してください。
  • 妊娠されている方、またはその可能性がある方は、あらかじめ医師・看護師・放射線技師に申し出て下さい。
  • 検査室へは金属類(ヘアピン、アクセサリー、腕時計、眼鏡、補聴器、入れ歯、コンタクトレンズなど)、電子機器(携帯、カメラなど)、磁気カード(キャッシュカード、駐車券など)、カイロ、湿布などの持込ができません。
  • 心臓の張り薬もやけどの原因になることがありますので外して下さい。
  • 造影剤を使用する検査の場合は食止めが必要です。喘息がある場合は基本的に造影検査ができません。
  • 検査内容や救急患者により、止むをえず順番が前後する場合はご了承下さい。


ご不明な点等ありましたらお気軽にスタッフにお尋ね下さい。


【装置説明】
 MRI装置は、PHILIPS エレクトロニクスジャパン製 Ingenia 1.5Tを導入しております。この装置の特徴としては、ボア径が70cmあり、RFコイルからデジタル信号になるので従来の装置よりSNRが最大40%増大します。また、チャンネルフリーという事でコイルにより使用するチャンネルが決定します。




      1.5T MRI装置 PHILIPS社製

一般撮影検査
マンモグラフィ
マンモトーム
骨密度測定(DEXA)
歯科用X線撮影
CT検査
MRI検査
核医学検査
超音波検査
X線血管撮影検査
X線透視検査
体外衝撃波結石破砕装置
検像・医療情報通信系
放射線技師を
目指す学生さんへ

(PDF)