公益財団法人 星総合病院 放射線科

 
星総合病院 トップ 放射線科 トップ 放射線科 理念 研究報告  画像カンファランス
各装置紹介・検査概要  
【検査説明】
 骨密度測定では、骨に含まれるカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分がどのくらいの量あるのかを計測することで、骨粗鬆症の診断と骨折リスクの評価が行えます。このミネラル成分が不足してくると、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

【装置の特徴】

 当院の装置では、患者様の体位を変えることなく、一度に腰椎と大腿頚部の測定・解析が行えます。また、人工骨頭や金属製の固定具などのアーチファクトは解析領域から自動的に除去される為、手術後の患者様でも正確かつ容易に検査することが出来ます。
 測定値は、専用のコンピュータに入力されている年齢に応じた正常値と比較して、骨密度がどのくらい減少しているのかを判定します。


                         図.骨密度装置

【骨密度の測定結果例】
一般撮影検査
マンモグラフィ
マンモトーム
骨密度測定(DEXA)
歯科用X線撮影
CT検査
MRI検査
核医学検査
超音波検査
X線血管撮影検査
X線透視検査
体外衝撃波結石破砕装置
検像・医療情報通信系
放射線技師を
目指す学生さんへ

(PDF)