公益財団法人 星総合病院 放射線科

 
星総合病院 トップ 放射線科 トップ 放射線科 理念 研究報告  画像カンファランス
各装置紹介・検査概要

【検査説明】
マンモグラフィ撮影とは、視診や触診でわからないような早期乳がんのサインである、微小石灰化を発見できる乳房専用のX線装置です。乳房は柔らかい組織でできているため、他のX線撮影と違ってかなり低い電圧を使用して撮影します。
 マンモグラフィの基本的な撮影方法は、内外斜位方向(MLO)と頭尾方向(CC)撮影です。1枚のフィルムに左右の乳房を並べて表示し、比較しながら読影を行ないます。場合によっては追加撮影としてスポット撮影や外側頭尾方向(XCC) 撮影、90°内外方向(ML)撮影、乳管造影撮影(ダクト)などを行なうこともあります。


      
      頭尾方向(CC)撮影                          内外斜位方向(MLO)

※乳房圧迫の理由
 マンモグラフィでは、乳房を圧迫板で挟んで写真を撮ります。乳房は立体的で厚みもあり、そのまま撮影すると乳腺や脂肪、血管などの重なりで、実際に腫瘍があっても写し出されないことがあります。乳腺を圧迫することにより、乳腺組織の重なりをへらし、腫瘤や石灰化を見やすくします。また動きによるボケも少なくなり、被ばくの減少にもつながります。圧迫して撮影することは、画質向上と被ばく線量低減の両面で大きな効果があり、通常のマンモグラフィでは必要不可欠な技術です。


※撮影時の注意事項

  • 妊娠している方は、医師・看護師・放射線技師に申し出て下さい。
  • 特に夏季は制汗剤(デオドラント)に銀粒子Ag+が含まれているものもあり、写真上にまれではありますが石灰化のように写ってしまうこともあります。制汗剤を使用してきた際は、技師に一言申し出て下さい。


【装置説明】
 当院では2台のマンモグラフィ装置を有しており、1台はコンベンショナル撮影のみで、もう1台はトモシンセシス(断層撮影)とバイオプシー(精密検査)にも対応した装置になります。撮影された画像はCAD(病変自動検出)システムにより病変見逃しの減少が期待できます。さらに、最適撮影機能により、被ばくを最小限に抑えられます。


※トモシンセシス(Tomosynthesis)とは…
 -25°から+25°までの50°をX線管装置だけを動かしながら25回のばく射を行い、重ね合わせたRaw Dataから断層画像を構成します。これにより、高濃度乳腺においても、従来の2D画像で乳腺内に隠れて見えなかった病変を確認できます。





【特色】
 当院は日本乳癌学会認定施設に認定され、日本乳癌学会専門医・認定医、検診マンモグラフィ読影有資格医師がおり、当院の乳腺外来は高い評価を受けております。また、マンモグラフィ認定技師もおります。

一般撮影検査
マンモグラフィ
マンモトーム
骨密度測定(DEXA)
歯科用X線撮影
CT検査
MRI検査
核医学検査
超音波検査
X線血管撮影検査
X線透視検査
体外衝撃波結石破砕装置
検像・医療情報通信系
放射線技師を
目指す学生さんへ

(PDF)