公益財団法人 星総合病院 放射線科

 
星総合病院 トップ 放射線科 トップ 放射線科 理念 研究報告 画像カンファランス
各装置紹介・検査概要

【検査説明、装置説明】

 X線透視装置では、体を透過したX線をTVモニターで、リアルタイムに動画として見ることができます。

当院では2台のX線透視装置を有しており、1台は食道・胃・小腸・大腸などの消化管造影検査、脊髄造影(myelography)、関節造影(althrography)、神経根造影(radiculography)、骨折の整復など整形外科領域の造影検査・治療、瘻孔造影、泌尿器科での尿路系造影検査、子宮卵管造影(HSG)など産婦人科での生殖器系検査を主に行っており、もう1台では内視鏡併用の胆道系の造影検査および治療を行っております。さらに、後述の装置には、血管造影のシステムも搭載されております。



                         TOSHIBA.ZEXIRA

※検査時の注意事項

  • 検査部位によって、ブラジャーや金属類、ボタン等を外して頂き、検査着に着替えて頂きます。

《胃透視検査
 X線透視検査の中で一番検査件数が多い胃透視検査について説明します。

【検査説明】

 胃透視とはレントゲンにうつるバリウムという造影剤を飲んで食道、胃、十二指腸の形や粘膜の状態を見て病気の有無を調べる検査です。また、より胃を膨らませる為に発泡顆粒剤も一緒に飲んで頂きます。これを飲むとお腹が張ってきますが、検査に必要なので検査中はゲップをしないようご協力下さい。ゲップが出て胃のガスが少なくなれば、もう一度飲んでもらわなければならなりません。
 
検査時間は約15分です。この検査は検査する方のご理解とご協力が非常に重要となります。検査時は技師の指示に従って息止めや体位変換をお願い致します。 

以下に当院でのルーチンの撮影法を提示します。上部消化管と言われる食道から胃、十二指腸までを12枚の画像を用いて色々な角度からくまなく検査します。検査する方の協力によって、バリウムの付着良好な画像においては、小さな病変を見逃すことなく、早い段階で病気を発見することが出来ます。

【前処置】

 検査前日のタ食は21時までに済ませ、それ以降は検査が終わるまで絶飲食になります。また、唾液が出て胃粘液を増加させバリウムが胃の粘膜にのりにくくなる為、飴やたばこも控えて下さい。


【後処置】

 検査終了直後は、下剤を飲んで頂きます。また、バリウムが長く体内に残っていると、水分が吸収されて石膏のようになり、手術例もある為、検査終了後は水分を多めに摂取してバリウムの排泄を促して下さい。

 

一般撮影検査
マンモグラフィ
マンモトーム
骨密度測定(DEXA)
歯科用X線撮影
CT検査
MRI検査
核医学検査
超音波検査
X線血管撮影検査
X線透視検査
体外衝撃波結石破砕装置
検像・医療情報通信系
放射線技師を
目指す学生さんへ

(PDF)