TOP | 前のページへ

公益財団法人 星総合病院

病院長就任のご挨拶




 10月1日付で星総合病院病院長を拝命いたしました。これまで35年間外科の臨床とがんの遺伝の研究一筋でしたので全く異なる職種にとまどっておりますが、患者様をはじめ関係各位の皆様のご支援ご協力を賜りまして何とかその任を全うするべく努力いたしますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。手術や抗がん剤治療とは異なってもこれまでの外科臨床で学んできた患者さんとの信頼関係やチーム医療が必ずや役に立つものと考えております。外来や手術など私自身が臨床面にタッチできる時間は大幅に減少せざるを得ないのが残念ですが、現在の外科チームに加え、抗がん剤専門外来や甲状腺内科外来など福島医大の応援をいただけることになり、また近い将来には乳腺外科の増員も予定されていますので、外科診療に関してはこれまで通り(あるいはそれ以上)行うことができると考えております。

 病院長として、医師・看護師をはじめ職員の数(マンパワー)と質の確保に努め、融和をはかり、ハード面のみならずソフト面の充実と様々な分野でのチーム医療を発展させ、これまで以上に地域に愛される質の高い病院を維持してまいりたいと思います。ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

平成26年10月1日
星総合病院病院長
野水 整



TOP | 前のページへ