TOP | 前のページへ

健診豆知識

血液学等の検査
ヘマトクリット(Ht)値の検査
 どんな検査?
 一定量の血液の中にどれくらいの割合で赤血球が含まれているかを調べる検査です。

「ヘマト」は血液、「クリット」は分離の意味で、遠心分離器で血液を固形成分と血漿(上ずみ)に分けて測定することから、この名がつけられました。

 血液を遠心分離器にかけ、血漿(液体)と赤血球(重いので下に沈む)に分離します。この沈んだ赤血球の赤い層が血液全体の何パーセントにあたるかを測定して数値を調べます。

 標準値  男性で40〜50%、女性では35〜45%が標準値と判断されます。
 疑われる病気  少ない場合は貧血、多い場合は多血症、脱水が疑われます。


赤血球数の検査
 どんな検査?
 赤血球は、血液成分の大部分を占めています。赤血球は、骨髄でつくられた後、血液中に流れ出て、肺で受け取った酸素を全身の組織細胞に運び入れ、そこで不要になった二酸化炭素を運び出す働きをしています。

 赤血球数が減ると貧血を起こし、酸素の運動能力が低下して酸欠状態になります。極端な場合には、生命の危険におちいることさえあります。逆に赤血球の数が増えすぎると、血液が濃くなって流れにくくなり、血管がつまりやすくなります。

 標準値  男性で1立方ミリメートル中に400〜500万個、
 女性では350〜450万個が標準値と判断されます。
 疑われる病気  少ない場合は貧血、多い場合は多血症が疑われます。


白血球数の検査
 どんな検査?
 体内に細菌や異物が侵入して炎症を起こすと、骨髄で白血球がさかんにつくられ、血液中に白血球が増えます。

そこで1立方ミリメートルあたりの血液中に白血球数が増えているか減っているかを調べると、病気を診断する手がかりになります。これが白血球数の検査です。

 標準値  男女とも血液1立方ミリメートル中に5,000〜8,000個あるのが
 標準値です。
 疑われる病気
増加している場合は、急性虫垂炎(盲腸炎)、扁桃腺炎、肺炎などの感染症や白血病などが考えられます。

減少している場合は、再生不良性貧血、急性白血病の初期、顆粒球減少症などが考えられます。



血小板数の検査
 どんな検査?
血小板は、血液の中で出血を止める働きをする唯一の細胞です。

けがなどで出血したり、体内で出血したとき、破れた血管に集まって傷口をふさぎます。

ところが、血小板の数や機能に異常が生じると、出血しやすくなり、血が止まりにくくなります。すぐアザができたり、鼻血が止まらなかったりする人は、血小板の数が少ない場合があります。

この検査の目的は、止血という重要な働きをする血小板の数が正常かどうか調べることです。

 標準値
血液1立方ミリメートル中に15〜40万個あれば正常です。

標準値でも、血小板の働きが悪い場合があるので、機能の検査も必要です。
また、血小板が多すぎるのも異常となります。

 疑われる病気
血小板が少ない場合、本態性血小板減少症(血がとまりにくくなる)、肝硬変。
血小板が多すぎる場合、真性多血症、急性出血、本態性血小板血症。
血小板機能異常の場合、血小板無力症(紫斑や鼻出血を起こしやすい)。



血液像の検査
 どんな検査?
血液細胞の中の白血球を種類別に分けて、百分率(%)で求める検査です。

白血球は細菌などから体を守る働きをしています。この白血球は、好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球、形質細胞などに分類することができ、形や働きもそれぞれ異なります。

 病気になると、それぞれの血球が増減し、ときにはどれかが形を変えたり、質的に変化したりします。ですから、これらの血球の占める割合や形態を調べることで、病気を診断する手がかりとなります。

 標準値
白血球100個の中に占める割合が、好中球約60%、リンパ球約30%、単球約5%、好酸球約3%、好塩基球約0.5%、形質細胞約0%であれば標準値です。

 疑われる病気
好中球が多い場合、外傷、手術後の感染症、慢性骨髄性白血病、急性の出血。

リンパ球が多い場合、百日咳、多くのウイルス感染症、リンパ性白血病。

単球が多い場合、マラリア、結核、

骨密度の検査について
〜あなたの今の骨の状態を知ってほしい〜

 骨粗鬆症、いわゆる骨がもろくなっているかどうか背骨の写真を見ればある程度わかります。
 しかし、はっきりと誰にでも理解しやすい形(数値)で示したものが骨密度です。
 
 骨の変化について
骨の量は、30歳くらいまでは増加しますが、40歳代になると加齢に伴い骨を作るより溶かす量のほうが多くなりバランスがくずれ骨がもろくなっていきます。

また、女性の場合、閉経後は骨の形成を促進する女性ホルモンの減少によってさらに骨がもろくなってしまいます。そのため高齢者の骨折が多くなります。

 骨密度測定とは
骨の中にあるカルシウム・マグネシウムなどミネラル成分がどのくらいしっかり詰まっているのかを表すもの。

いわば骨の強さを表す指標でこれが低下すると骨がもろくなり骨折しやすくなります。

 検査はどうするの?
 X線を用いた精度の高いデータが得られるDEXA法(Dual Energy X-ray Absorp-tiometry) です。

測定された値をコンピューターに入力し性別・年齢に応じた正常値と比較し骨密度の判定を致します。

全ての操作を含め約20分程度で終了しその日のうちに結果を知ることが出来ます。

 検査の結果は
 どのくらいが
 いいの?
 最大骨密度の平均値の80%以上 ⇒正常
 最大骨密度の平均値の70%以上
 80%未満
⇒骨量減少
 最大骨密度の平均値の70%未満 ⇒骨粗鬆症
  (精密検査や治療が必要)
 骨粗鬆症を
 予防するには
 ・ 毎日30分〜1時間くらい歩く
 ・ 日光浴をする
 ・ 乳製品(低脂肪のもの)、小魚、豆腐、納豆などを摂る
 ・ ビタミンD(カルシウム吸収をよくする)
 ・ 極端なダイエットをしない

TOP | 前のページへ