TOP | 前のページへ

がんの遺伝外来のご案内
〜家族性腫瘍ネットワーク 東北地方拠点施設〜


「がんの遺伝外来」 担当医 : 野水 整(のみず ただし)

 星総合病院 病院長
 前福島県立医科大学第二外科非常勤講師
 前東北大学加齢医学研究所癌化学療法非常勤講師
 福島県立医科大学外科臨床教授
 前家族性腫瘍研究会幹事世話人
 前家族性腫瘍研究会倫理委員会委員
 日本家族性腫瘍学会理事・評議員
 東北家族性腫瘍研究会事務局
 日本人類遺伝学会会員
 大腸癌研究会遺伝性大腸癌研究プロジェクト委員
 HBDC(遺伝性乳がん・卵巣がん)コンソーシアム理事
 厚生労働省・文部科学省関係の
 がんの遺伝に関する多くの研究班の班員・研究協力者
 


     ◆「がんの遺伝」について◆

 どのようながんでも数%は親から子へ遺伝するタイプだと言われています。その中で原因遺伝子が解明されているものはたくさんありますが、一般診療科として扱うものには、家族性大腸ポリポーシス(腺腫症)、遺伝性非ポリポーシス大腸癌をはじめとする遺伝性大腸癌群(消化器科、外科)、内分泌臓器とくに甲状腺を中心とする多発性内分泌腫瘍症1型2型(MEN1/2)(外科、脳外科)、家族性乳癌(外科)、家族性乳癌卵巣癌症候群(外科、婦人科)、網膜芽細胞腫(小児科、眼科)、いろいろな臓器にがんや腫瘍が多発するリ・フラウメニ症候群(小児科、整形外科、外科など)、フォン・ヒッペル・リンドー病(脳外科、眼科、泌尿器科など)、神経線維腫症1・2型(脳外科、外科、神経内科など)などがあります。
これらの疾患の現れ方は多科にまたがることから、正確な知識がないと診断が遅れる場合があります。
これを解決するには診療科どうしの横の連携を密にすることと、全体をコーディネートする「がんの遺伝」専門家が必要になります。


     ◆「がんの遺伝外来」について◆

 
 がんの遺伝外来では、遺伝性腫瘍・がんが疑われる患者さん、およびその家系の方の
●遺伝相談
●遺伝子診断(ご希望に応じて)
 などを行います。
 

 ◎プライバシーを最優先に
  「がんの遺伝外来」で使用される遺伝カルテは一般診療カルテとは別に作成され、「がんの遺伝外来」担当医しか
  アクセスできません。
  人権尊重・プライバシーの保護を最優先しております。
 

 ◎検査項目
遺伝性乳がん 1)有料
2)研究補助有り(厚生労働省の研究対象になる方)※
遺伝性大腸がん 無料(厚生労働省の研究費で対応)※
多発性内分泌腫瘍症 有料
  ※外来受診の際には初診料・再診料が必要です。
 

 ◎予約診療となります

    予約はお電話で外科外来までお願いします。
 



がんの遺伝外来に関するお問い合わせは
メール:nomizu@hoshipital.jp まで


 私たちは、遺伝子情報を適切に医療の場で生かす遺伝子診療を
 全国に先駆けて行っています。


TOP | 前のページへ