TOP | 前のページへ

認知症疾患医療センターでは主に以下の業務を行っています。


1.専門医療相談の実施
@医療相談室を設置し、認知症に関する専門知識を有する精神保健福祉士等を配置しています。
A医療相談室では、本人、家族、関係機関(市町村、地域包括支援センター、保健所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、認知症の診療を行っている医療機関等(精神科、神経内科等)の紹介を行います。

※県中地域の「認知症」に関する市町村及び地域包括支援センターの相談窓口は、別添の通りです。@


2.認知症の診断と対応
@認知症疾患医療センターでは、認知症の診断を行います。
A医学的診断だけでなく、日常生活の状況や他の身体疾患等の状況等を踏まえ、総合的に評価を行います。
B地域の関係機関と情報の共有化を図り、医療・福祉・介護の支援に結び付けていきます。
C診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療はかかりつけ医が担当することを基本とします。

※県中地域の「認知症」の診療を行っている医療機関は別添の通りです。A
※郡山市内の地域包括支援センターの担当地域と「認知症」の診療を行っている専門の医療機関の概ねの場所です。(@とAを合わせたエリアマップ)


3.身体合併症・周辺症状への対応
@認知症の人の身体合併症及び周辺症状の治療は、認知症疾患医療センターで受け入れるほか、認知症に係る専門医療機関、一般病院や精神科病院等と連携し、地域全体で受け入れる体制をつくります。

※ 公益財団法人星総合病院では、認知症疾患について次の通り、診療体制をとっています。
  主として、星総合病院(一般病院)と星ヶ丘病院(精神科病院)がセンター機能を行っています。
  星ヶ丘病院は、精神疾患の治療を主とした医療機関であり、認知症疾患治療病棟、精神科急性期治療
  病棟、精神科身体合併症病棟を有しており、外来診療、相談全般、入院治療等と幅広く対応します。



4.地域連携の推進、情報発信
@医療機関、市町村、地域包括支援センター、介護保険事業所等の関係機関等との連携を図るため、協議会等を開催し、関係者が密接に連携するネットワークづくりに向けた検討を行います。
A認知症対応力の向上を図るための研修等に取り組みます。
B認知症に関する正しい知識について理解を深めるための情報発信を行います。

※ 厚生労働省は、認知症の対応として「認知症施策5か年計画(オレンジプラン)」(平成25年度から29年度までの計画)を立てました。

※認知症に関する知識の普及や認知症の人とその家族に関する相談や支援等を行っている団体として「公益社団法人認知症の人と家族の会」があります。

平成25年度実績
平成26年度実績
平成27年度実績

        広報 星総合病院認知症疾患医療センターだより
発行号  内容
 第7号  ・第3回事例検討会開催
 ・全国キャラバン・メイト連絡協議会より表彰されました。
 第6号  ・認知症カフェ(オレンジカフェ)が始まりました!
 ・星ヶ丘地区の取り組み
 第5号  ・SOS見守りネットワークの構築について
 ・オレンジカフェの運営を開始します!
 第4号  ・認知症に関する事例検討会の開催について
 第3号  ・認知症患者と道路交通法について
 ・認知症サポーター養成講座について
 第2号  ・認知症ケア技法について
 第1号  ・認知症疾患医療センターの活動について

TOP | 前のページへ