NPO法人 ピアステーション・シリウス
シリウススタッフからのメッセージ

 
所長 小林 英幸
 ピアステーション・シリウスは今年で開所から10年を迎えました。平成21年からは小規模作業所ではなく、地域活動支援センターとしての運営が始まりました。それまでは作業を中心とした活動でしたが、現在のシリウスでは地域活動支援センターの特徴である地域交流(地域行事への参加、実習生との交流、他の事業所との交流)、余暇活動、料理教室、ウォーキング、防災訓練などの生活機能訓練を取り入れた活動を中心としています。また、利用者皆様が日中の居場所としても利用することができます。作業だけではなく、こうした活動に目的を持ち参加する方々もいます。
 所長である自分も、シリウスのスタッフとして来年で勤続10年目を迎えます。今後も地域活動支援センターとしての機能に必要な活動を取り入れ、地域の事業所とのつながりを持ち、利用者皆様と一緒にセンターの運営を進めて行く所存です。今後とも地域皆様、各関係機関皆様のご支援、ご指導の程宜しくお願い致します。
 
 
支援員 渡辺 妙子
 シリウスが10年目を向かえ、私は勤続6年が過ぎました。3年目ぐらいまでは手探りの状態で戸惑うことばかりでした。私より先輩のメンバーさんからは、作業の進め方など教えて頂いた場面も思い出されます。これからも初心を忘れず業務に励み、頑張ります。
 
 
 
支援員 山田 善久
 シリウスに入社して今年で6年目です。皆さんにお世話になっています。メンバー皆さんとコミュニケーションを重ねることが大事であると感じています。そこから見られる課題などが、支援の向上に繋がります。

 


HOMEBACK