前のページへ

回復期リハビリテーション病棟診療実績

<各疾患別の特徴>

・整形外科疾患
大腿骨頚部骨折や変形性膝関節症の手術後だけでなく、骨盤骨折や
胸腰椎圧迫骨折などの疾患の方が入院されています。

・脳卒中 等
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、高次脳機能障害、嚥下障害などの
疾患の方が入院されています。

・廃用症候群
呼吸器疾患(肺炎、COPDなど)、循環器疾患(心不全、心筋梗塞、
大動脈解離など)といった様々な疾患の方が入院されています。
 
当院では患者さんの日常生活活動能力の変化を機能的自立度評価法
(FIM: Functional Independence Measure)という評価法を用いて調べてい
ます。FIMの評価項目は歩いたりトイレに行くような日常動作か
ら、誰かとコミュニケーションを取ったり、物事の段取りを適切
に行うなど認知機能的な面も採点項目になっています。