看護部

星ヶ丘病院 看護部をご紹介します。

<理念・目標>

◆理 念

安全、安心、信頼の看護を目指します。


◆目 標

1)精神看護の専門性・独自性を発揮し人々の様々なニーズに丁寧に対応します。

2)温かな心で一人ひとりを尊重しセルフケアを支援します。

3)社会復帰促進・地域連携充実を図り、家庭や地域での自分らしい生活を支援します。

豊かな自然も星ヶ丘病院の魅力の1つです。

<各部署の特徴と看護方針>

                      
部署名特徴と看護方針
身体合併症病棟(開放)精神症状に加え、身体症状の治療が必要な方の病棟です。精神と身体の健康問題を統合して評価し必要なケアを提供します。
精神科急性期病棟(閉鎖) 日常生活が営むことが難しいような混乱や不安などの急性症状を治療するため、休息できる環境や刺激からの保護が必要な方の入院治療病棟です。 多職種チームによるケアを提供し、早期の社会復帰を目指します。
精神科慢性期病棟(閉鎖) 病状が不安定で、長期の治療が必要な方の病棟です。 症状の安定とセルフケアの向上を目指します。
認知症治療病棟(閉鎖) 金重度の認知症があり、治療が必要な方の入院治療病棟です。日常生活の場面を通して生活機能回復を目指します。
社会復帰促進病棟(開放)病状が安定し社会復帰を目指している方の入院治療病棟です。 社会的自立に向け個々の目標に応じたケアを提供します。 服薬自己管理プログラムや社会生活技能訓練(SST)や小グループ活動などを行います。
外来 デイケア 地域で生活されている方が利用されます。 安心して自分らしい生活がおくることができるように保健医療福祉サービスの連携の充実に取り組みます。

<継続教育>

◆教育目的

看護部職員の質向上により、よりよい看護・介護の提供をはかる。


◆教育目標

1)看護に必要な知識・技術・人間性を養う。

2)看護の継続の必要性を理解し、対象の自立した生活への支援ができる能力を養う。

3)看護の科学性を追求し、研究的態度を養う。

4)専門職としての自己研鑽の必要性を理解し自主性・自立性を養う。


◆クリニカルラダー

法人看護部の「看護職員クリニカルラダー」を基礎に、精神看護に関する知識と技術・態度について、 計画的に研修を進めます。

クリニカルラダーの各段階の目標と学習内容                   
ラダー目標 主な学習内容
T精神科で必要な基本知識・技術を習得するとともに、組織人・専門職業人としての自覚を養う。 人の心の理解、看護倫理、安全・感染管理、セルフケア支援、ポートフォリオの発表
Uプライマリナースとしての責任感と主体性を養う。 プライマリナース、主な精神疾患と治療、薬物療法支援、SSTの理解、事例検討発表
V 看護実践場面におけるリーダーとして役割モデルとして能力を養う。 精神保健福祉法、フィッシュ哲学と実践、地域連携退院支援、看護研究
W 管理・監督者・リスクマネージャーとしての役割と職務に必要な知識・技術を習得し、組織目標達成のためのマネジメント能力を養う。 リーダーシップ、組織分析・マネジメント、包括的暴力防止、危機管理
         
その他プリセプターシップ 社会・医療情勢に応じた内容
看護補助者安全・感染管理 ・身の回りの世話の援助技術・他
  • 新人研修

    自己の学びを振り返り、ポートフォリオでまとめ、発表します。

  • 看護研究発表

    新しい発想や柔軟な思考での看護提供に挑戦します。

ラダー研修修了実績(平成29年4月現在の人数)                           
年度 T U V W
21 7 2 1 -
22 14 3 3 -
23 18 9 4 -
24 10 12 7 -
25 4 8 6 -
26 9 9 10 -
27 10 9 8 -
28 5 9 8 1

◆法人関連施設での実務研修(ステップアップ研修といいます。)

ステップアップ研修の主な内容
☆ 星総合病院 〜  急性期看護、緩和ケア、他について
☆ 三春病院  〜  リハビリテーション看護、チーム医療、他について
☆ 訪問看護ステーション 〜訪問看護の動向と知識、技術、態度について
☆ ポラリス保健看護学院 〜学生の特徴と看護基礎教育について

… 各施設の特徴的な取り組みを吸収し、精神看護に活用します。

◆院外研修

院外研修に積極的に参加し、社会情勢や看護の動向・専門的知識を吸収します。
1) 短期研修

・日本看護協会、福島県看護協会 主催研修
・日本精神科看護協会、精神科看護協会福島県支部 主催研修
・各学会主催研修など

2)長期研修(5日以上)

院外研修の項目と履修者は以下の通りです。

長期研修履修者の在籍状況                        
No 研修項目 在籍数
(重複有)
主催 備考
1 認定看護管理者 1名 日本看護協会 2015年
2 認知症看護認定看護師 1名 日本看護協会 2016年
3 看護教員養成講習会 5名 厚生労働省(福島県、他)
4 臨床実習指導者養成 17名 福島県・日本精神科看護技術協会
5 認定看護管理者セカンドレベル 8名 福島県看護協会
6 認定看護管理者ファーストレベル 13名 福島県看護協会
7 医療安全管理者研修 10名 福島県看護協会
8 認知症ケア専門士 1名 認知症ケア専門士協会

◎2016年から認知症看護認定看護師として活動を開始しました。

− コメント −
認知症疾患治療病棟に所属し、医療チームの連携によるケアの充実に取り組んでいます。
また、「認知症初期集中支援チーム」のメンバーとして「認知症の方とご家族が地域で安心して生活できること」を目指してネットワーク作りに取り組んでいます。