(公財)星総合病院TOP | 前のページへ

ポラリス保健看護学院

学院長あいさつ

★受験生の皆さんへ★

ポラリス保健看護学院
学院長  星 北斗


「看護学校の選択」

看護学校の選択は、看護職としての自分のあり方を決定する重要なものであると思います。どんな看護職になりたいのか、今の皆さんにはすぐには具体的なイメージができないかもしれませんが、看護職になるためにはまず、専門職業人としての知識・技術・態度を養う必要があります。私たちはこれらのうち特に態度について重点を置いています。これまでの生活と違った行動や考え方が求められ、時には今までの価値観が揺らいで葛藤を生じることもあるでしょうが、私たちはこのようなプロセスこそがとても重要であると考えています。

 本学院の学生は、集団における自分の役割・課題を見出して行動することの大切さを日々の学生生活の中で学んでいます。これは「自分にとっての集団」「集団における自分」の存在価値を見出し、目指すべき看護職の役割を考えることにつながったりすると信じています。

「人々から求められている看護職の役割」

 人々は健康意識を高め、日常生活に積極的に保健行動を取り入れたり、病気や障害を持っていても人とのかかわりの中でよりよく生きたいと願ったりしています。このため、看護職が個々の人生における健康支援のパートナーとして今後どのような存在になり得るのか、さらに考えていく必要があります。

 本学院では、地域住民の健康支援のために自分や看護職の役割を見出すことができる人を育んでいくことをモットーに、このような考え方に賛同する仲間を心から待っています。



(公財)星総合病院TOP | 前のページへ