(公財)星総合病院TOP | 前のページへ


ポラリス保健看護学院

教育理念


教育理念


     「 荒 海 孤 舟 北 極 星 」

 これは、看護の対象を荒海に漂う小舟にたとえ、そのような人たちにとっての、ゆるがぬ道しるべとなる北極星(Polarisポラリス)のような看護職者であれ、という学生への期待を示したものである。

 この建学の精神の実現のためには、学生が自己の課題や他者と向き合いながら成長する過程と人間関係づくりを重んじ、人や地域との関わりを通じた豊かな人間性の形成を支援することが何よりも大切である。

 これからの看護職は、地域住民の健康や人生の「現在」ばかりでなく、「過去」と「未来」をつなぐ健康づくりと地域づくりに深く関与することが求められる。そのため、個人の健康から地域全体の健康を捉えて看護職の役割を探求したり、一人ひとりの人生観の再構築や新しい健康観を引き出したりする能力が求められる。

 このようなことから、本学院の使命は、学生及び卒業生が専門職として看護のあり方を探求し続け、社会に貢献していく責任と役割が果たせる看護職者になるための学習支援をすることにある。また、本学院は、学生への看護基礎教育の実践に加え、卒業生及び他の医療従事者等にとっても、価値のある情報の発信や提案をする役割がある。




教育目的

 人との関わりを通して豊かな人間性を持ち、看護専門職者として生涯を送り、社会に貢献するために必要な知識・技術・態度を身につけた人材を育成する。


教育目標

1) 人や地域との関わりから自己を洞察し、あらゆる対象との人間関係を形成する能力を養う。

2) 集団に所属する自己の役割と責任を常に認識した適切な行動ができる能力を養う。

3) 国際的な保健医療福祉の変化に応じて看護の専門性や看護教育のあり方を探究し、自己能力を高めるために、生涯を通じて学習していく能力を養う。

4) 地域の人々のニーズに対応できる情報収集能力、適応能力、危機回避能力、思考力及び企画・実践能力を養う。 

5) 人々の健康をこれまでの生き方や発達過程から捉え生涯を見据えた、新たな看護の技術を創造し、提供・提案できる能力を養う。

6) 生命の尊厳を常に意識し、人権や価値観を尊重した態度を養う。


卒業時の到達目標(期待する卒業生像)

1) 他者との関わりから個々の価値観を受けとめコミュニケーションができる。

2) 学生生活や地域活動に積極的に参加し、自己の役割を見出し常にリーダーシップ・メンバーシップがとれる。

3) 自ら学習環境を整え、文献検索や授業を通して生涯学習につながる学習方法を身につけることができる。

4) 日常生活において情報収集を自主的に行い、問題を解決し課題を達成することができる。

5) 個人・家族・集団・地域の健康をアセスメントし対象の健康状態に応じた看護の提供方法を見出し、提案できる。

6) 日常生活や社会の出来事から人間の尊さに関心を持ち、その中から看護職者の役割を考え、行動できる。



建学の精神



  看護の対象となる病人を荒海に漂う小舟にたとえ、そのような人達に揺るがぬ道しるべとなる北極星「ポラリス(Polaris)」のような看護者たれ。


(公財)星総合病院TOP | 前のページへ