TOP | 前のページへ

財団法人 星総合病院
新病院移転新築予定地の
形質変更時要届出区域の指定について

 


 新病院移転新築予定地は、平成22年12月16日土壌汚染対策法に基づき、郡山市により「形質変更時要届出区域」に指定されました。
 これは土壌汚染状況調査の結果、土壌の汚染状態が法の基準に適合しないと認定されましたが、当該土壌汚染による人への健康被害はないとの判断がなされたことによるものです。
当院では、今後予定される新病院及び看護学校の建設工事においては、関係法令及び郡山市の担当部署の指導を遵守し、汚染土壌の適切な管理の下住民の皆様の健康及び周辺環境へ影響が生じないよう適切な方法にて施工致します。住民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
詳しくは下記の郡山市のホームページをご覧ください。
 http://www.city.koriyama.fukushima.jp/index.html

  トップページ>市民の方へ>くらし>環境>郡山市環境保全センター>土壌汚染


TOP | 前のページへ