TOP | 前のページへ

認定看護師紹介

「認定看護師」とは、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護を実践する看護のスペシャリストです。日本看護協会が認定を行っています。

 皮膚・排泄ケア認定看護師  永崎 真利子・齋藤 敦己・佐藤 義邦


 乳がん看護認定看護師  藤田 由紀



 
 感染管理認定看護師  加藤 和枝

今年の冬は拍子抜けするほど暖かい冬ですね。といってももう暦の上では春ですが、つい先日は春一番がやってきて気温もまさかの18℃でした。しかし暖かいからと言って来ないわけではないのですね…、いつもの「あれ」。そう、「インフルエンザ」のビッグウェーブ。 
今日も春らしい快晴のとてもいい日ですが、「先週一週間で全国の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が170,000人を超えた」とラジオから聞こえてきました。暖かくても「来るときは間違えず猛威を振いにやって来るのか」と思った次第。そして、「手洗い・うがいを徹底して云々…」と続くアナウンス。毎年同じことを聞いていて季節の風物詩といった感があります。流行った時だけやっても所詮無意味なこと。敵はほかにもたくさんいるし、いつやってくるかわかりません。「手洗いなどの対策はいつもやるのですよ~」と、一人ラジオに突っ込むのでした。たかが風邪、たかがインフルエンザと侮るなかれ。正しい対策がみなさまの習慣になるよう願います。

 訪問看護認定看護師  戸崎 亜紀子


 
 がん化学療法看護認定看護師  郡司かおり


 認知症看護認定看護師  田辺晃子

シリーズ8 2015/8/24 ---------------------------------------------------

過去の内容はこちら
 
 集中ケア認定看護師  神尾 悠美



 緩和ケア認定看護師  久保木 優佳

シリーズ8 2016/02/19 ---------------------------------------------------
川の土手に「おおいぬのふぐり」が咲いているのを見つけました。寒さの中にも春の気配を感じるこの頃です。
先日、富岡町から避難されておられる方々でつくられた「富岡町3.11を語る会」からお招きいただき、現代社会と緩和ケアについてお話をさせていただきました。
少子高齢化が叫ばれ久しくなり、国は2025年問題に向けて、地域包括ケアシステムの構築を進めています。当法人も法人の持つ機能を最大限に活かし、この地域包括ケアシステムへの貢献を実践に移し始めています。
高齢者が増え、今後多死社会となることは明らかです。そんな中で地域の皆さんに死生観について考えていただくきっかけ作りも私のミッションと考えています。近頃は地域の住民の方々の集会や、高齢者向けの施設から、緩和ケアについての話のご依頼もいただいています。この住み慣れた地域が安心して死ねる地域だと住民の皆様に思っていただける、そんな地域づくりに一役買っていきたいと思っています。
もし緩和ケアのお話のご依頼があれば、kango@hoshipital.jp 久保木優佳 宛にメールをいただければと思います‼
過去の内容はこちら

 
 緩和ケア認定看護師  佐藤 育恵
 
 慢性心不全看護認定看護師  李 民純





TOP | 前のページへ