乳がんについて

現在、乳がんは増加の一途をたどっています。罹患率はもちろんのこと死亡率も上昇しています。日本では年間約7万人近い女性が新たに乳がんになり、1万2千人が乳がんのために亡くなっています。生涯罹患率(生きているうちに乳がんになる確率)は少し前には25人に1人、最近では20人に1人、現在では12人に1人から15人に1人といわれています。
年齢別罹患率では、40歳代から高くなり45~49歳が最も高く人口10万人あたり120人以上です。50歳以上74歳まで罹患率は90人台です。ちなみに30~35歳は17人、35~39歳は41人、40~44歳は77人です。 最新の報道では、日本で本格的にマンモグラフィ検診が導入されて10年にしてやっと乳がん死亡率の低下の兆しが見えてきました。この傾向が確固たるものとなるよう、乳がん検診の受診率をさらに向上させるよう頑張りましょう。

下記にあてはまるものはありませんか?!

※郡山市ピンクリボン病院マップ

家族性乳がん・遺伝性乳がんについて

身内(血縁)の方に何人も乳がん患者さんがいる場合、その多くは遺伝要因の関与が考えられています。 また原因遺伝子がはっきりしている家族性乳がん・遺伝性乳がんもあります。 家族性乳がんの研究により、次のような特徴が明らかになっています。