たむら市民病院は形成外科(褥瘡治療)に力を入れている人工透析内科のある福島県田村市唯一の病院です。

たむら市民病院

当院について

病院長就任のご挨拶

佐瀬道郎病院長 たむら市民病院は、大方病院を前身として令和元年7月に誕生しました。
開設者は田村市長で病院の運営は公益財団法人星総合病院が任されました。
大方病院と星総合病院で長年培われてきた経験を融合させて、田村地域の皆 様が安心して安全な医療が受けられるように邁進していく所存です。
とはいっても、福島県全体が医師不足に悩まされております。24時間い つでも最高の医療がたむら市民病院で受けられるようになるには、まだ長い 道のりが必要です。
したがって、これまで通り二次救急や急性期医療は星総合病院をはじめとする郡山市内の医療機関にお願い致します。
治療が一段落して病状が安定してきた後は、患者さんの状態やご希望に応じて三春病院、たむら市民病院、小野町地方綜合病院 という阿武隈地区の3つの公立病院で安心して継続した医療が受けられるように緊密な連携を図ってその調整役を行います。
これまで大方病院で行われてきた医療は継続していきますが、私の形成外科医としての専門性を活かして皮膚の良性腫瘍(ほくろなど)や 皮膚癌の切除と皮膚移植、外傷や褥瘡などの診療も新たに行います。
職員一丸となって地域の皆様に信頼される市民病院を目指していきます。ご指導ご支援の程なにとぞよろしくお願い申し上げます。

理念

私たちは、当院が地域で果たすべき役割を十分認識し、子どもから高齢者まで住民の意向を最大限に尊重し、
安全で安心な健康的な街づくりへの貢献を目指します。

基本方針

・医療安全と感染及び情報管理に留意し、安全に安心して診療を受けられる体制を作ります。

・地域の医療機関や介護施設等の機能を尊重し、「病診連携」・「地域連携」を基本として地域の皆さんが必要とする医療を提供します。

・救急については、専門医療機関において治療が必要か、当院において治療を継続するか判断します。専門病院に紹介する場合は、適切な医療機関を選択し円滑に紹介を行います。

・急性期等の専門医療機関を退院して、自宅又は施設に帰るまでの期間療養を行う患者さんの入院を受け入れます。

・がん末期、老衰(関連する肺炎などの疾病を含む)など、積極的治療を希望しないが入院管理を必要とする患者さんを受け入れます。

・田村市の地域包括ケアシステムが円滑に機能するよう、クリニックや診療所、調剤薬局、 訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション、介護サービス事業者の皆さんと連携協働します。

患者さんの権利とお願い

当院では、医療行為が患者さんと医療者との信頼関係の上に成り立つものであることを認識し、
次に掲げる患者さんの権利を尊重することを宣言します。

1.人権を尊重した、公正で安全な最善の医療を受ける権利があります。

2.病気の説明を十分受け、自ら治療法を選択する権利があります。

3.医師、病院、施設を自由に選択する権利があります。

4.医学研究あるいは医学教育に参加することを拒否する権利があります。

5.診療に関する個人情報が保護される権利があります。

6.医療費の報告及び医療費の公的援助に関する情報を受ける権利があります。

最大限の治療効果を発揮するために、心身の健康状態や気になることについて、主治医や担当看護師に速やかにお伝えください。
また、院内では静粛を保つことや敷地内禁煙など病院の規則を守っていただき、医療費は速やかにお支払い下さるよう、ご協力をお願い申し上げます。

指定管理者制度について

たむら市民病院は、田村市から指定を受けた公益財団法人星総合病院が運営管理を行っております。
これは公設民営方式と言い、官民共同で地域医療を担う制度です。

関連施設