整形外科の活動報告

学会発表 日本整形外科学会発表 ロボット支援の講演 -24-26 May, 2024-

第97回日本整形外科学会が福岡市で開かれ、青田医師(指定演題)、新田医師の発表がなされました。


演者

@ 青田 恵郎


演題名

ランチョンレクチャー(講演) 演題名 人工股関節置換術(THA)5000例の経験から -CT based roboticsは術者のスキルを活かす-


(右図)ロボット(Mako)では下肢長差の矯正がしやすく、99%の例で下肢の長さの違和感が感じなくなる5mm以内に矯正されました。





演者

A 青田 恵郎


演題名

Direct Superior Approach (DSA)によるTHAの最小下肢延長量の検討
-ロボット支援下手術では下肢延長量が少ない- (下肢長の調節性に優れる)






演者

B 新田 夢鷹


演題名

 Mako DSAにおけるCupの設置精度の検討 -A Matched Pair Analysis-


学会発表 第121回東北整災 ロボット支援手術の発表 -10 May, 2024-

第121回東北整形災害外科学会が仙台市で開かれ、坂尾医師の発表がなされました。


演者

坂尾 佳香


演題名

脱臼位での寛骨臼回転骨切り術後の変形に対する人工股関節置換術の1例


ロボット(Mako)で術前計画し、高度骨欠損の股関節手術が行われました。



お知らせ 週間朝日MOOKいい病院2024に掲載されました -23 february, 2024-

一昨年も頑張り、いい病院2024年に取り上げてもらいました。
人工関節置換術 股関節 全国15位 東北3位。
患者さん、近隣の医療機関の皆様に支えていただきました。有り難うございました。




学会発表 日本人工関節学会発表 -23 february, 2024-

日本人工関節学会が福岡市で開かれ、高木医師、青田医師、その他渡辺医師(指導演題)の発表がなされました。


演者

@ 高木 孝亮


演題名

人工股関節再置換術後のゆるみに対して転子下矯正骨切り併用再々置換を行った1例






演者

A 青田 恵郎


演題名

強固な関節包靱帯の縫合修復にはインピンジに注意を要する






演者

B 渡邊 考祐


演題名

人工股関節・人工骨頭の反復性脱臼に対するLeeds-Keio靱帯を用いた関節制動術による再置換術の中期成績




研究会発表 第17回東北MISt研究会に参加しました -28 January, 2024-

第17回東北MISt研究会が宮城県仙台市で開かれ、共同演者として橋医師が発表いたしました。また、この演題でBest Presentation Awardを受賞させていただきました。


筆頭演者

鈴木崇斗1


共同演者

橋直人2、山寺幸雄1、志村浩己1、小林良浩3、小林洋3、 加藤欽志3、渡邊和之3、 二階堂琢也3、 大谷晃司3、松本嘉寛3
福島県立医科大学 附属病院検査部1、疼痛医学講座2、整形外科学講座3


演題名

Tc-MEPを用いた腰部脊柱管狭窄術後患者の予後に関する検討



お知らせ 人工股関節置換術〈Makoシステム〉500例達成 -23 January, 2024-

令和4年2月(一昨年)に導入したMakoシステムによる人工股関節置換術が、令和6年1月に500例到達しました。
ロボット導入前より下肢の長さの微調整がきちんと出来て、リハビリもしっかり行っていますので、多くの患者さんの歩行が綺麗になったと思います。これも信頼して治療を受け、リハビリを頑張って下さった患者さんのお陰です。有難うございました。




学会発表 第45回日本疼痛学会に参加しました -8 and 9 December,2023-

第45回日本疼痛学会が福島県福島市で開かれ、橋医師が1)口演演題発表と2)指定演題発表を行いました。


1) 優秀演題講演(臨床)
筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、松平浩、二階堂琢也、渡邊和之、加藤欽志、小林賢司、横田武尊、遠藤裕司、関口美穂、矢吹省司


演題名

集学的痛み治療前に運動器慢性疼痛の強さの改善を予見できる因子の検討


2) 指定演題(シンポジウム5(臨床))
筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、松平浩、二階堂琢也、渡邊和之、加藤欽志、小林賢司、横田武尊、遠藤裕司、関口美穂、矢吹省司


演題名

星総合病院慢性疼痛センターにおける集学的痛み治療の現状とその問題点



学会発表 第31日本腰痛学会に参加しました -1 December,2023-

日本腰痛学会が徳島県徳島市で開かれ、橋医師が口演で発表を行いました。


筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、松平浩、矢吹省司


演題名

慢性疼痛診療システムの構築に向けた東北地区における痛みセンターと拠点病院の連携




Web講演 Makoユーザーミーティングで講演しました -18 November,2023-

ロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」使用医師向けweb講演があり、青田医師が講演をしました。


演者

青田 恵郎


演題名

脚長コントロール ― 転子下短縮骨切り併用THAをMakoで ―





学会発表 第16回日本運動器疼痛学会に参加しました -4 November,2023-

第16回日本運動器疼痛学会が富山県富山市で開かれ、橋医師がポスターで発表を行いました。


筆頭演者

橋 直人


共同演者

橋直人, 松平浩, 高槻梢, 本幸枝, 二瓶健司, 谷津田尊寛, 津村紀子, 笠原諭, 矢吹省司, 井上真輔


演題名

就労に支障があった慢性疼痛患者に対し新たな心理社会的フラッグシステムを用い外部資源活用が有用であった1例




Web講演 福島県整形外科勤務医会で講演しました -2 November,2023-

2023年福島県病院勤務医会で青田医師が講演を行いました。


演者

青田 恵郎


演題名

ロボット支援THA(人工股関節置換術)と働き方改革





学会発表 日本股関節学会に参加しました -27 October,2023-

日本股関節学会が福岡市で開かれ、青田医師が発表を行いました。また、青田医師監修の4演題の発表もなされました。


演者

@青田 恵郎


演題名

MakoによるDirect Superior Approach THA (DSA-THA)の下肢長調整量





演者

A青田 恵郎


演題名

THA後の拘縮に伴う大腿部痛に対する腸脛靱帯・大腿筋膜切離の効果





演者

B新田 夢鷹


演題名

Direct superior approach と従来法後方アプローチTHAの前向き比較検討:臨床スコアおよび患者立脚型評価による短期成績





演者

C菅原 崇寛


演題名

Direct superior approach(DSA)におけるCT-based navigation使用前後での手術成績、カップ設置精度の検討




D ほか2演題  渡辺孝祐 人工股関節再置換術、  草野敬吾 骨盤底陥入の変形


お知らせ 人工股関節置換術〈Makoシステム〉400例達成 -21 September,2023-

 令和4年2月(昨年)に導入したMakoシステムによる人工股関節置換術が、令和5年9月に400例を達成しました。
Makoシステム使用の印象ですが、傷んだ股関節に予定した整った位置にインプラントを入れることができるため、人の手(術者)で関節全体のバランス調整が非常にしやすく、 リハビリをするときれい歩行出来ます。
インプラント設置の位置や下肢長差が可視化できるため、微調整がしやすく下肢長差の調整が非常に楽に行えるからです。
 今後も、患者さんそれぞれの股関節状態は違うため、その患者さんにフィットする人工股関節手術を続けてゆきたいと思います。また、信頼して診療を受けて下さった皆様に感謝いたします。




Web講演 低侵襲アプローチ(MIS)THAで発表しました -15 July,2023-

ロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」による低侵襲アプローチ(MIS)THAの医師向けweb講演があり、青田医師が発表しました。


演者

青田 恵郎


演題名

MakoによるDirect superior approach THA( DSA THA)の有用性とTips & Pitfall




学会発表 EFORT(ヨーロッパ整形災害外科学会)に参加しました -25 June,2023-

EFORT2023(ヨーロッパ整形災害外科学会)がオーストリア ウィーンで開かれ、青田医師がポスター発表を行いました。また、青田医師監修の2演題の発表もなされました。


演者

青田 恵郎


演題名

Distal Iliotibial Band Lengthening Ameliorates Abduction Contracture And Lateral Pelvic Tilt After Total Hip Arthroplasty In Developmental Dislocated Hip.
―New Technique For Postoperative Functional Limb Length Inequalityality ―


演者

新田 夢鷹


演題名

Release Of Gluteus Medius Muscle And Capsule Reduces Fracture At The Greater Trochanter Via Direct Superior Approach For Totasl Hip Arhroplasty


演者

草野 敬吾


演題名

The Usefulmess Of Iliotibial Ligament Preservation In Direct Superior Approach




学会発表 医学部同窓会賞(地域学術復興賞)受賞 -10 June,2023-

橋医師が慢性疼痛センターで作成した英文論文で、令和5年度福島県立医科大学医学部同窓会賞(地域学術復興賞)を受賞しました。


著者

橋 直人、高槻梢、笠原諭、矢吹省司


論文名

Characteristics of patients who dropped out after multidisciplinary pain management in Japan: A prospective cohort study


雑誌名

Journal of Back and Musculoskeletal Rehabilitation 35 (2022) 793?802




Web講演 Mako connectで発表しました -6 June,2023-

ロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」の医師向けweb講演があり、青田医師が発表しました。


演者

青田 恵郎


演題名

MakoによるTHAと下肢長調整




学会発表 JOA(日本整形外科学会)に参加しました -14 May,2023-

日本整形外科学会2023が横浜市で開かれ、青田医師がポスター発表を行いました。


演者

青田 恵郎


演題名

腸脛靱帯切離はDDHのTHAに伴う股関節外転拘縮や骨盤側傾による愁訴を改善する
― Crowe group 3やペルテス様変形に対する術中手技 ―




学会発表 ISSLS (国際腰椎学会)に参加しました -1-5 May, 2023-

ISSLS (国際腰椎学会)がオーストラリアメルボルンで開かれ、橋医師がポスターで発表を行いました。


筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、矢吹省司


演題名

Exploratory study of the factors affecting quality of life in patients with chronic musculoskeletal pain: A cross-sectional study




学会発表 JSRA(日本人工関節学会)に参加しました -17 February,2023-

日本人工関節学会2023が横浜市で開かれ、青田医師がパネルディスカッションで発表を行いました。


演者

青田 恵郎


演題名

筋腱温存型後方進入法による脱臼予防とロボット手術 - Direct superior approach (DSA)




学会発表 第44回日本疼痛学会に参加しました -2 December,2022-

第44回日本疼痛学会・第2回日本術後痛学会が岐阜県岐阜市で開かれ、橋医師が口演で発表を行いました。 また、橋医師が作成した本学会紹介の原稿「学会を聞く(第44回日本疼痛学会・第2回日本術後痛学会)」が雑誌整形外科(Vol.74 No.7 p835-83、2023年6月)に掲載されました。


筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、矢吹省司


演題名

3つの疼痛病態別にみた運動器慢性疼痛に対する集学的痛み治療




学会発表 第15回日本運動器疼痛学会に参加しました -20 November,2022-

第15回日本運動器疼痛学会が栃木県足利市で開かれ、橋医師が口演で発表を行いました。 また、この演題で優秀演題賞を受賞いたしました。


筆頭演者

橋 直人


共同演者

高槻梢、笠原諭、矢吹省司


演題名

ICD-11J分類別にみた運動器慢性疼痛に対する外来での集学的痛み治療の効果